スポーツ栄養で活躍する本学卒業生


スポーツチームへのサポート

こんにちは、平成27年度卒業の中村建太です。私は現在、スポーツ栄養を行う会社に就職し、選手寮の栄養管理をしています。自分がサポートした選手の中にはJリーグ選手や全国大会常連の高校や大学もありますが、共通しているのは強い選手は食事に気を使っています。私もそういった選手の要望に応えるために、日々勉強をしています。やりがいのある毎日です。

平成27年度卒業の横山綾香です。

現在は仕事の一環として、女子プロ野球チーム「埼玉アストライア 」の栄養サポートをしています。


選手たちが自己管理能力を高められるよう、月に一度栄養サポートをしています。

実践してもらえるまで時間がかかることもありますが、サポートをしていくうえで信頼関係を築くことが大切だと思うので、日々勉強を続けて選手たちの悩みを解消していきたいです。


卒業後に研究室に弟子入り

平成23年度卒の佐藤慎太郎です。普段は仙台市内にある病院の管理栄養士として、栄養管理や献立作成業務などの業務を行っています。


私は、学生時代からスポーツ栄養に興味がありましたが、当時は学べる機会がありませんでした。そんな中、現在は母校である東北生活文化大学のスポーツ栄養学研究室に弟子入りをして、スポーツ栄養の勉強や研究のお手伝いをさせていただいています。一度はスポーツ栄養を学ぶことをあきらめかけていましたが、先生の元でようやく学ぶことができ、充実しています。また「病院×スポーツ栄養」にも可能性を感じています。


私は将来、アスリートを目指す学生の栄養管理をするという目標があります。東北の選手が、全国や世界で活躍できるようサポートできる存在になりたいと思っています。働きながらにはなりますが、学生に負けないよう目標に向かって日々勉強していきたいと思います。